自然療法好きは頑張り屋さん?

自然療法を始めようとすると、多くの人が周りの人からの意見に悩むようになります。

「え、病院行かないの?」
「大丈夫なの?」
「病院に行ってちゃんと診てもらった方がいいんじゃない?」

周りの人は心配して意見や助言をくれるのですが、
自然療法をやってみたいと思う気持ちは大きく揺るがされます。

なぜなら、
自然療法をやろうとする人にとっては、
「やってみないとわからない」
ことだからです。

周囲の意見を押し切って、
自分の意見を通すことは本当に難しいと思います。

特にHSP(Highly Sensitive Person:非常に感受性が強く敏感な気質もった人)のような敏感な気質を持っている人であれば尚更です。

相手の気持ちを汲み取り過ぎて、
自分の意見を押し殺してしまいがちです。

それでも自然療法をやってみたい。

そう思って取り組み始めるので、
かなり頑張らないと実践できない部分でもあると思います。

そういう意味でも、すごく覚悟がいると思っています。

ですので、
自然療法をやっている人って、かなりの頑張り屋さんが多い気がします。

私も周囲の人に
「頑固だね」
「変わってるよね」
と言われながら(笑)、貫いてきました。

最近では、
症状があっても病院に行かない私のことを
「病院も薬も好きじゃないもんね」
と暖かく見守ってくれています。

あきれられているかもしれませんが(笑)。

自分の人生は、自分のものです。
どうやって生きていきたいのか、どうなりたいのか、あなたが決めていいんです。

変わり者になると、ちょっと気持ちが楽になりますよ。

最近、発熱時の対処を質問されることが増えました。
少しずつ自然療法が伝わってきているからかなと嬉しく思っています。

看護師として薬を使うことが当たり前だった私は、自然療法を実践することで長男の喘息の薬をやめることができました。どのように薬をやめて対処したのか、無料メルマガ講座でお伝えしています。今後のイベントの案内もメルマガの方でお知らせしています。興味がありましたら、ぜひご登録ください。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座