口内炎

長女が「口内炎ができて痛いから、晩ご飯はうどんかお粥がいい」と言ってきました。
普段はお粥を食べたがらないのに、珍しい。
そう思っていたら、かなり口内炎が痛かったそうです。

「痛いんだけど、どうしたらいい?」

口内炎で痛い時って、本当に辛いですよね。
食べれないし、食べれそうと思ったらしみて激痛が走るし。
トマトなんて食べた時には、悲鳴が出そうなほど。

はい、では口内炎の対処法をお伝えします。

口内炎の対処

・胃腸を休める(消化に使う血液を修復の方に使います)
・水でもしみて痛みが出る時は、1%の食塩水を作る(500mlの水に小さじ1杯の天然塩)
・水分の温度はぬるめにする(熱すぎても冷たすぎても刺激になります)
・玄米の上澄みを飲む(デトックスを促します)
・寝る(寝ている間に修復が進みます)
・お腹を押す(内臓の働きを高めます)
など

早速、1%の食塩水を作って飲んでみると、「痛くない!これなら飲める。」とのこと。
水分をしっかり摂って、胃腸を休めて、回復に努めましょう。
粘膜細胞の再生周期は7日〜14日です。

早く良くなりますように。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座