【生理痛】薬に頼らないで楽に過ごせるようになりますよ

生理痛の時に鎮痛薬を飲むのは当然だと思ってました。
なんで、こんなに痛いんだろう?
なんで、こんな日に仕事なんだろう?
なーんてことを思いながら、私もしょっちゅう鎮痛薬を使用してました。

飲み薬の鎮痛薬は、胃に刺激になるものが多くて胃が痛くなったりします。
それを予防するために胃薬を一緒に飲みましょう、と処方されます。

自然療法を始めてから、気づいたら生理痛でつらい時間はほとんどなくなっていました。
生理との付き合い方もわかって、生理中は無理に仕事を入れないようにする、フラフラしたら早退させてもらうなどの対処をするくらいです。

私がやっていることは、こんな感じです。
・布ナプキンを使う(市販の生理用品は、体を冷やします)
・お腹、腰回りを温める
・横になる(目を閉じる)
・体を冷やすものを食べない(夏野菜とか、白砂糖とか)
・水分はしっかりとる

布ナプキンって、洗うのが大変そう…って思われる方が多いですが、今は経血用の洗剤もあるので簡単に落とせます(私はオキシクリーンを使っています)。

また、トイレで経血を排泄できるようになると、布ナプキン自体を汚すことも減るので、本当に楽です。

布ナプキンにするだけでも、身体が温まって楽になるので、おうちで過ごす時とか、経血の量が少ない時とかに試してみるといいと思います。

毎月くる生理痛が楽になったら、いいですよね。
できることから少しずつ。
身体は必ず変わってきます。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座