風邪をひいた時こそ絶好のチャンス、自然治癒力を最大限に高める方法

久しぶりに高熱をともなう風邪を引きました。
大人になってからの高熱はつらいですよね。

自然療法を知ってから、私の熱の対処はシンプルになりました。

寒気がしているときは、熱が上がる前なので、熱がしっかり出せるように布団に入って温まる。
首から冷えやすいので、首にタオルやマフラーを巻きます。

熱が上がりきったら、汗が出ることで体温が下がります。
水分をこまめにとって、トイレに行きます。
汗や尿から熱が発散されていきます。

食事は無理にとりません。
脱水だけ心配なので、水分はとりますが、この時に天然のお塩をひとつまみ入れたり、お塩をなめたりして塩分を補給します。

食べ物を消化するエネルギーを使わずに、回復の方にエネルギーを注ぎます。
そうするとデトックスが促され、身体の回復が早くなります。
今回は食欲がなくて3日間くらい絶食の状態でした。

発熱時の詳しい方法はこちら

この方法で、今回も熱は徐々に下がっていきました。
39度の熱の翌日は38度台、その翌日は37度台・・・と1日に1度くらいのペースで下がります。

それくらいゆっくりと経過するものなのですが、
今回は熱以外にも鼻づまりがひどくなってしまいました。

鼻づまりって、鼻呼吸ができなくなるので、とても苦しいですよね。
私も以前、副鼻腔炎を繰り返していたので、再びあの状態になるのか〜と心配になりました。

鼻詰まりの時は、しょうがをすりおろしてお湯を加えて飲むと楽になります。

熱が出て、鼻詰まりになって・・・と、今まで溜まってきた老廃物を一気に掃除している感覚でした。
いつまでも良くならないと思っていましたが、この経過をみると、少しずつですが、ちゃんと回復しているんですよね。

デトックスは身体が老廃物を出そうとしている働きなので、症状はありますが、それも回復過程なんです。
どうしても症状に一喜一憂しやすいのですが、こうやって身体が自分の力で浄化しようとしているんだなぁと、身体の感覚を信じることにしました。

絶食期間も長かったので、体力も落ちてしまいましたが、身体を信じてあげれるようになると、少しずつ動けるようになりました。

デトックスの時期は、身体がまだ休憩したがっています。
ちゃんと睡眠時間を確保して、デトックスを促すと、その後のスッキリ感が違います。

風邪を引くたびに丈夫になるってこういうことなんだよな〜と改めて実感できました。


今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座