「喘息でも大丈夫!自然療法で薬いらずの身体になろう!」リアル講座やります

喘息の薬って、いつまで飲み続けるんだろう・・・

 風邪を引いたら病院に行って薬をもらう、それが当たり前だと思っていました。ですが、毎月のように風邪をひくようになり、咳が止まらないことが増えてきました。咳止め以外の薬も増えていて、3歳の時に「喘息」と診断されました。

 喘息と診断されてからは、毎日薬を飲むようになりました。薬をこんなに毎日飲んでいていいんだろうか。発作が起きたら吸入をしているけど、他に方法はないんだろうか。

 薬をやめたいんですけど、食べ物でよくなったりしませんか?と小児科の先生に聞きました。「お母さん、喘息の薬は飲み続けないといけないんですよ。大発作が起きたら、死ぬ危険があるんですよ。食べ物はバランスよく食べて、薬はちゃんと飲んでください。」と言われました。

 夜中の発作が怖かったので、真面目に薬を飲ませました。
 気管支拡張剤、咳止め、アレルギーを抑える薬を飲ませ、気管支拡張剤の貼付剤を背中にはり、発作が起きたら気管支拡張剤とステロイドが入った吸入薬を吸入させました。

 いつまで飲まなければならないんだろう?一生飲み続けないといけないんだろうか。私は子供を薬漬けにしてしまうんだろうか。気づくとそんなことを考えている自分がいました。

薬をやめるって勇気がいりますよね

 薬をやめたいけど、やめられない状態の日々が続きました。

 食事療法が気になって、自然療法の本や、マクロビオティックの本を読み漁り、自分でやってみようとしました。急に、おかずが野菜だけになって、家族は戸惑い、これじゃご飯が食べられないと言われたこともありました。
外食でも何を食べていいのかわからない。
知識ばかりが増え、制限ばかりするので、自分も家族もイライラしていました。

「食べ物で身体は作られている」分かってはいるけれど、玄米菜食は続きませんでした。
何を食べさせて良いかわからない。何をしたら良くなるのかもわからない。もう堂々巡りでした。

血液がきれいになれば喘息は治ります

 そんな時に、友人から誘われて行った自然療法のセミナーで「薬をやめない限り、血液はきれいにならない」というお話を聞きました。

 看護師の経験のある自分にとって、このお話は目から鱗が落ちるような衝撃でした。身体の仕組み、血液がきれいになることで自然治癒力が高まる話、全てが納得できるものでした。そして「食べ物で身体は作られている」だから、口に入れるものを変える必要があることがわかりました。

 薬をやめて自然療法を始めてから約10年。息子は風邪もほとんど引かない丈夫な子になりました。そして、病気に対する心配がなくなったこと、この安心感が得られたことが本当にありがたいと感じています。

 セミナーでは、以下のような内容についてお話しさせていただく予定です。

<前半:講義>
・喘息の仕組みについて
・喘息の薬の作用と副作用について
・自然療法の基本的な考え方(血液がきれいになる仕組み)について
・血液がきれいになる実践方法について
・マエマコの自然療法の経験について
<後半:交流会>
・皆さんの感想・経験談・悩みの共有

看護師、整体師、看護教員という経歴を持つマエマコが、自然療法に取り組んで約10年の自身の経験を通して、喘息だけではなく、将来の病気の不安もなくなる自然療法の素晴らしさを自信を持ってお届けします。

リアル講座は、11月23日(木)13時から!
会場は、札幌駅北口より徒歩1分です!

今回はリアル講座として行います!
日時:11月23日(木)13時〜15時
会場:札幌駅北口から徒歩1分(お申し込みいただいた方にお知らせします)

申し込み締め切りは11月22日まで

申込方法等についての詳細は、看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方の無料メルマガでご案内します。興味のある方は11月19日(日)までに、下のフォームからメルマガに登録しておいてください。

すぐに参加申し込みしたい!という方はこちらからどうぞ!

私がお伝えしている自然療法は、薬やワクチンを使わないことを基本としていますが、その他の日常生活の注意点も含めた自然治癒力を高める暮らしを提案しています。
看護大学教員の私が、息子の喘息の薬をやめて実践してきた自然療法を、無料のメール講座で解説しています。
下のフォームから、メールアドレスだけでも読むことができますので、興味のある方はどうぞ!

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座

1件のコメント