初!どくだみチンキを作りました

私の大好きなきらくる村で、どくだみチンキを作ろう!という話が出て、チンキってなんだかよくわからないけど、楽しそう!と思って参加してきました。

チンキとは?

ハーブチンキとは、ハーブをアルコールに漬けてつくる濃縮液のことです。アルコールに漬けることでハーブの成分が溶け出しやすくなり、効能を引き出しやすくなります。簡単にご家庭で作る事ができ、化粧水やうがい薬、マウスウォッシュ、入浴剤など様々な用途に活用できます。ハーブティンクチャーとも呼ばれ、西洋では万能薬として古くから親しまれてきました。

引用元「暮らしに役立つ自家製ハーブチンキの作り方・使い方」
https://genten-life.kuipo.co.jp/contents/701

今日は、ラベンダーとセージもあるよーということで、3種類作成してきました。

作り方はとっても簡単。

洗って、タオルで水気を拭き取って、適当な長さに切って、瓶(アルコール消毒または煮沸消毒したもの)に入れて、ホワイトリカーをヒタヒタに注ぐ。

え、それだけ?というくらい簡単でした。

左がどくだみ、右がセージ

どくだみやセージを洗っている間も、ラベンダーをハサミで切っている間も、ハーブの香りに癒されました。
あっという間に出来上がり。

ラベンダーチンキ うまく撮れなかったけど、つぼみの色がきれいです。

数日は毎日瓶を振って、アルコールが浸透するようにして、3ヶ月ほど冷暗所で保管して、中身を取り出して完成だそうです。

何に使おうかな〜。
今から出来上がりが楽しみです。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座