がんができる仕組み

がんって何でしょう?
いきなりできるものでしょうか?

がんは、もともと自分の細胞なんです。
細胞は、細胞分裂を繰り返し、新しい細胞に生まれ変わります。
細胞分裂の際に、遺伝子のコピーを間違えることもしばしばあります。
間違えて作られた細胞は、長生きできない仕組みになっています。
それが免疫です。
免疫力が高ければ、間違えて作られた細胞を排除することができます。

ですが、血液が汚れている状態だと、この排除する働きがうまく機能しなくなり(免疫力がさがるということ)、間違えて作られた細胞が、細胞分裂を始めます。
それが大きくなると腫瘍になるんです。
間違えて作られた細胞が、がん細胞です。

間違えて作られた細胞を、身体の外に出せればいいだけの話なんです。
血液が汚れていると、それができないのです。
だから、外に出ないで体の中にたまる。
そして間違えて作られた細胞が、細胞分裂を繰り返し、大きくなるというわけです。

毎日がん細胞はできます。
それをきちんと外に出すしくみを整えてあげるだけでいいんです。
それが自然治癒です。

そう考えると、抗がん剤は必要なのでしょうか?
海外で、代替療法が多くの方に選ばれている理由もそこなんです。

化学療法(抗がん剤)をやりましょう、と言われたら、いろんな情報を集めて考えてください。

自分の治療は自分が決めるものです。
後悔しない選択をしましょう。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座