のどが痛い時におすすめ【大根はちみつ】

北海道は、雨が降るごとに寒さを感じる季節になりました。秋ですね。

季節の変わり目は、次の季節に備えた身体作りをするために、デトックスする力が高まります。
今まで溜めてきた、老廃物を出そうとする働きです。
そのため、いろいろな症状が出やすくなります。

のどの痛みもその一つ。
空気が乾燥してきて、のどがチクチクと痛くなることがあると思います。

なんか違和感を感じた時に、おすすめなのが「大根はちみつ」です。

大根から水分が出てしなしなになったらできあがり

大根を小さく切って、瓶に入れ、はちみつを加えます。はちみつの量は大根に絡むくらいで大丈夫。大根がひたひたになるくらいまではちみつを入れると、かなり甘くなります。

瓶の蓋をして、一晩冷蔵庫にいれておくと、大根から水分があがってきて出来上がりです。

このあがってきた水分を少しずつ飲むと、のどの痛みが楽になります。

注意!
1歳未満のお子様は、まだ腸内細菌が整っていないため、はちみつをとることはできません。
必ず1歳以上であることを確認してから、飲ませてあげてください。

我が家でも大人気な「大根はちみつ」。ぜひお試しください。

私がお伝えしている自然療法では、玄米を中心とした食生活を基本としてお伝えしていますが、体調が悪い時の過ごし方も含めた自然治癒力を高める暮らしを提案しています。
看護大学教員の私が、息子の喘息の薬をやめて実践してきた自然療法を、無料のメール講座で解説しています。
下のフォームから、メールアドレスだけでも読むことができますので、興味のある方はどうぞ!

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座