学校給食の牛乳を停める手続き

不登校歴の長かった長男は、ずっと家にいたので、牛乳を飲む習慣はありません。
長男が4歳の時に、自然療法に取り組み始めたので、それから牛乳を買うこともなくなりました。

小学校は半年くらい通っていたのですが、その時は牛乳が飲めないので・・・と話して牛乳を停止してもらって、水筒にお茶を入れて持参していました。もし病院に行く機会があれば、診断書をもらってきて、と言われていましたが、病院に行く機会もほとんどなく、そのままになっていました。

その後は不登校になって、6年以上が経過しました。
中学2年になった長男が、学校に通い始めて、給食を食べるようになり、また牛乳を停めるかどうかの話になりました。

学校に提出するアレルギーの用紙には、「牛乳を飲むと鼻水が出たり、お腹がぐるぐるするため飲ませていない」と記入して提出していました。

長男には水筒に水を入れて持たせていました。
学校の管理栄養士の先生から、牛乳を飲んでいないのであれば、給食費から牛乳代を差し引くことができるので、診断書を書いてもらって牛乳を停止しましょう、と言われました。

診断書をもらいに、わざわざ忙しい病院に行くのが嫌だったので、ずっと避けてきましたが、これは行くしかないかな〜と重い腰をあげることにしました。

かかりつけ医もいないので、そもそもどこの病院に行ったらいいかもわかりません。

管理栄養士の先生から、アレルギー科もある近くのクリニックを紹介してもらいました。

紹介された病院の受付で、牛乳でアレルギー反応が出るので、診断書を書いてもらいたいとお願いすると、

受付の方

うちにかかるのは初めてですか?

マエマコ

初めてです。

受付の方

学校医のところに行ってください。
かかりつけの病院はないんですか?
牛乳でアレルギー反応が出るのに、病院に行っていないんですか?
診察をしないで、診断書を書くことはできません。

普段、病院にかかっていない私としては、もう何を言われているのかさっぱりわかりません。

学校医がいることは知っていますが、学校の栄養管理士の先生から教えてもらって来たのになとなんだかよくわからなくなってしまいました。

ずっと不登校でしたし、アレルギー症状が出るものは家では摂取しないだけのこと、それなのに病院にかかっていないことを、責められているような気分になりました。

マエマコ

もし診察が必要でしたら、診察を受けたいです。
今までは給食を食べていなかったから、受診する必要がなかったんです。
かかりつけ医もありません。
ここはアレルギー科もあると伺ったので。

なんとか、自分の思いを口に出しました。

受付の方

アレルギー科の先生は、往診中で不在です。明日の午前中なら診察できるそうです。
診察をした上で診断書を書くことは可能です。

診察代金のほかに、診断書を書く費用として、5,200円いただく可能性があります。

マエマコ

わかりました。また出直します。

診断書をかいてもらうのに、そんなにお金もかかるのか・・・、牛乳を停めるということのわずらわしさを痛感していました。

そんなやりとりをしていたら、看護師さんが説明に来てくれました。

〇〇中学校ですよね?
それぞれの学校には、学校医がいるから、その学校医の先生のところにまずは行ったほうがいいと思います。

そこで診断書を書いてもらったほうがいいと思いますよ。

困っている私を見かねて、補足の説明をしてくれました。

マエマコ

わかりました。学校の方に、学校医を確認してみようと思います。

自然療法に取り組んでいると、牛乳を飲まないほうが体調がいいので、自然と牛乳を飲まなくなるのですが、学校給食には牛乳が必ず出されます。

その牛乳との付き合い方を改めて考える機会になりました。

普段、病院に通わなくてもいいくらい元気にすごしているマエマコ家ですが、病院と付き合わなくてはならない時も出て来ます。かかりつけ医がなくても平気なのですが、こういう時は困りますね。

果たして診断書は書いてもらえるのでしょうか?
乞うご期待・・・

かかりつけ医がいなくても、私や子どもたちが元気に過ごせるようになったのは、自然療法で対処ができるようになったからです。息子の喘息の薬をやめて自然療法にどのように取り組んだのかを無料メルマガ講座でお伝えしています。今後のイベント案内もこの無料メルマガに届きますので、気になる方はぜひご登録ください。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座