お母さんの手は魔法の手

メルマガ読者さんから、こんなご質問をいただきました。

Wさん

昨日の夜中、娘がお腹痛いと泣き出しました。原因は良く分からないのですが、とりあえずお腹を手でずっとのの字に擦っていたら大人しく寝ました。
こういう手を当てるだけとかも自然療法に入るんですかね?

そうなんです。お手当も立派な自然療法に入ります。
お母さんの手は魔法の手!と思っています。
皆さんも経験ありませんか?
お腹が痛い時に、そっと触れてもらった手の温かさや安心感。
不思議だけど、痛みがスーッと溶けていくような感覚。

薬に頼らなくても、改善する方法があれば、それは自然療法なんです。
しかも、無料でできちゃう。
簡単だし、とってもお得。

人間の体には気が流れていて、手のひらと足の裏から気が出ているんだよと、整体を習った時に教わった記憶があります。
そして、触れることによって、オキシトシンという安心ホルモンが脳から出ることも研究でわかっています。

安心感って、実は自律神経に大きく関わっていて、副交感神経(リラックスする方)が優位になります。緊張すると、交感神経が優位になるので、お腹も硬くなりがちですが、副交感神経が優位になると、腸が動き始めるんです。そうすると、お腹の痛みも楽になる、という仕組みです。

逆に緊張してお腹が硬い時に、お腹を触って柔らかくすることで、この副交感神経を優位にすることで、緊張をほぐすこともできます。

お母さんの手は魔法の手。
ぜひお子さんのお腹、触ってあげてください。
くすぐったがる子もいますが、徐々に慣れて、お腹のマッサージが大好きになりますよ。

今すぐメルマガを読んでみたい!と思われた方はこちらから

元看護大学教員が教える薬に頼らない暮らし方無料メルマガ講座